みらい

第2みらい

支援センターみらい

生活支援員募集

自主製品の販売

事業所のトピックス

トップページ第2みらい > 第2みらいの支援内容

生活介護事業所第2みらいの支援内容

利用者の1日

09:00〜10:00登所(時差)
10:00〜10:30朝の会・体操・更衣等
10:30〜12:00作業
12:05〜13:20昼食(給食)・休憩
13:30〜14:20作業
14:20〜15:00活動・清掃
15:00〜15:15休憩
15:15〜15:35終わりの会
15:45〜降所(時差)

週間プログラム

〈午前〉〈午後〉
野外活動作業(野外活動)
作業(陶芸)文化クラブ
作業(公園清掃)作業
作業、音楽療法作業、リハビリ
作業、創作活動クラブ活動
土・日余暇支援/休み

※班により、内容の相違があります。

生活支援

基本的生活習慣の確立を支援すると共に、精神的自立や生活意欲の向上、健康の維持増進につながるような活動(身体能力、日常生活能力の維持・向上を目的)を日常的に行っています。

機能訓練

看護師による健康管理を行うとともに、身体機能の低下を防ぎ、運動機能の維持・向上に努めるため、必要に応じて作業療法士による専門的なリハビリ訓練を行っています。

行事・余暇活動支援

通常の作業日にイベントや外出などの行事を行う他、利用者の余暇の充実のため、年4回土・日曜日に余暇活動支援を行っています。
実施に当たっては、利用者の意見を尊重するため事前に参加希望アンケートを取り、希望にそった形で実施。内容は地域交流や障害者団体の行事参加が中心ですが、複数の候補先から利用者自身で選択する行事も新たに取り入れました。

クリスマス会 運動会

平成23(2011)年度 日中活動行事と余暇活動の予定

●全体行事
味覚狩り(5月)、一泊旅行(9月)、みらい・第2みらい合同運動会(10月)、クリスマス会(12月)、文化祭(3月)
●余暇活動・地域交流
さんさんGOGOまつり(10月)、あいあいプラザまつり(11月)、素のままフェスタ(2月)
観劇、スポーツ大会、バーベキュー、映画&買物、ボウリング大会などの候補先から自身で選択
●その他
社会見学、調理実習等、少グループで目的別の取り組みを実施。

入浴サービス

知的障害のある人を日常的に介護する親などが高齢化して介護負担が増していることなどから、週2回、1日3人を限度に、私的契約による入浴サービスを行っています。(利用料は利用者負担)

日中一時支援

冠婚葬祭や急な外出でご家族が所定の時間に本人を迎えることが困難な場合、時間を延長して支援を行っています。(利用料は利用者負担)

クラブ活動

毎週金曜日の午後をクラブの日とし、本人の選択による余暇を楽しんでいます。指導者を外部から招き、支援員以外の関わりを持つことで、社会性も広がっています。
茶道、華道、リズム体操、音楽療法の指導については豊中市教育委員会の障害者青年教室開催事業の枠を利用して講師の派遣依頼をしており、 その他のクラブについては支援スタッフの企画実施により活動しています。

文化活動

毎週火曜日の午後を文化クラブの日とし、陶芸、クラフト、園芸、七宝焼き、手織りに取り組んでいます。
本人の選択による興味の開拓・交流をテーマとし、作品展などの出展を中心に、達成感に繋がるよう目標設定して支援スタッフの企画実施により活動しています。

作業支援

個人の作業能力に応じて作業工程を工夫し、利用者が生産する喜びをもてるような支援を行っています。
主な生産活動では利用者の自信・達成感につながるような商品の製作を補助具を使用しながら支援し、また軽作業では持続力を養うように工夫しています。作業を継続して取り組むのが困難な利用者には作業前訓練を準備し、作業への動機づけを図るとともに、豊中市から受託している近隣の公園清掃を行ったり、気分転換を兼ねて農園・園芸作業を行ったりしています。

自主製品の製作

陶芸品、手織り、ミシンでの製作などを行っています。
個性を生かした自主製品の製品化をめざし販路の拡大に努め、福祉の店「なかま」の他、地域のバザーなどにも出店しています。

〈主な自主製品〉

給食

昼食は管理栄養士の指導のもと、給食を提供しています。
嚥下や咀嚼に困難さのある利用者には刻み食を用意しています。利用者の好みや意見も反映させた選択メニューも取り入れています。

利用者送迎

登所・降所時に循環送迎を行っています。
また、医療センターやかかりつけ医への通院や、平日のショートステイ利用のため、希望により送迎を行っています。(利用料は利用者負担)